礼服を少しだけオシャレに着るコツ

礼服とは、冠婚葬祭などある程度かしこまった場所で着用する服装の事です。男性の場合、黒いビジネススーツと混同している人が多いのですが、この二つは全く違うものです。まず大きな違いとしては素材の違いが挙げられます。礼服の黒は正に真っ黒といっても良い色なのですが、ビジネスシーンできる黒いスーツは少しグレーがかっています。この差は外で日光を浴びたときに特に顕著にあらわれます。室内の冠婚葬祭であればそれほど問題はないですが、例えばガーデンウエディングなどではこの差がはっきりとあらわれるので、恥をかかないためにも黒いビジネススーツと礼服は別物として用意しておきましょう。さて、お葬式の場合は決まったルールがあるので、そのルールに従った着用をする必要がありますが、毛婚式の場合は少しおしゃれに着ることも可能です。

相手との関係で着こなしを変えよう

まず、おしゃれに着こなす前に、結婚式における服装のマナーから知っておきましょう。結婚式といっても相手の人と自分との関係によって変わってきます。会社関係や親せきなどの結婚式であればきちんと礼服をきてあまり派手な格好はせず、白スーツに白ネクタイというような格好にするのが無難でしょう。しかし、友人の場合ならばそれほど肩ひじ張る必要もありません。そういったときであれば毛婚式のルールに沿っている範囲でおしゃれに着こなしても良いでしょう。まず、スーツで行くのは大前提ですが、スーツにはシングルとダブルの2種類があります。最近ではシングルでもダブルでもどちらでも構わなくなっています。ダブルのスーツは少しオジサンみたいになるので、おしゃれに決めたいのであればシングルのスーツにしておくのが無難でしょう。

人と差をつけるならネクタイの色にこだわる

友人の結婚式であれば、少しカジュアルなダークスーツ、例えば濃紺やダークグレーのスーツであってもそれほど失礼にはならないでしょう。ただし、あまりにも派手な色、赤などのスーツは場違いなので止めておきましょう。あくまでもスーツはダークトーンにしておくのが最低限のマナーです。中に切るシャツですが、最近はパステルカラーのシャツを着る人も増えてきています。しかし結婚式の場面では白シャツを着ておいた方が他の人に対する印象も悪くならないでしょう。お薦めは織り柄が入っているものでさりげないおしゃれを演出できます。人と差をつけることが出来る部分がネクタイです。ネクタイは白が基本ですが、ここは白では無い色にしましょう。お薦めはシルバーグレーのネクタイで目立ちにくい色ながら光沢もあってとてもシャープな印象になります。