冠婚葬祭シーン別の礼服の選び方

暮らす上で、必ず訪れるタイミングがあるのが冠婚葬祭です。冠婚葬祭にはそれぞれに意味があり、「冠」が成人式を、「婚」が結婚式を、「葬」が葬式を、「祭」が法事やお盆を指しています。この冠婚葬祭をとどこおりなく行なうことが、一人前とされる考え方もあるようです。冠婚葬祭では、それぞれ必要とされるマナーがありますが、服装にもふさわしいものがあります。冠婚葬祭では親戚などが集まることが多いので、そういった時に正しいマナーや服装ができていないと、家族全体が恥ずかしい思いをしてしまうことにもなりかねません。それぞれのシーンにふさわしい服装をすることで、一人前の人間として振る舞う自信がついてきます。しっかりとシーン別の礼服を選ぶように心がけましょう。

「冠」「婚」にふさわしい礼服選びについて

まず、冠婚葬祭のうち「冠」にあたる成人式にふさわしい礼服選びについてです。成人式では、女性の場合多くが振り袖を着ています。男性の場合は紋付羽織袴、もしくはダークスーツがおすすめです。成人式では成人になった節目を祝う儀式ですので、あまり派手に着飾らず、清潔感のある服装が好ましいでしょう。次に「婚」ですが、結婚式に出席する際、女性の場合は「花嫁よりも目立たない」ことが大切です。白色は花嫁の色ですので選ぶのは避けつつ、お祝いの場にふさわしい華やかな色合いのワンピースなどを着用するのがおすすめです。男性の場合も、白色のスーツは避けることが望ましいです。ネクタイは白色やシルバーグレーなどが基本で、ポケットチーフをさすようにしましょう。また、シワが目立つようなスーツやシャツは避けたほうが無難です。

「葬」「祭」にふさわしい礼服選びについて

続いて「葬」の葬式にふさわしい服装ですが、通夜の場合は男性、女性いずれも紺色やダークグレーなど地味な色合いのスーツやワンピースがふさわしいとされています。葬儀や告別式の際は、男性は黒のスーツに黒無地のネクタイを着用します。女性も黒のワンピースやスーツにし、ストッキングやバッグも黒を選びます。できる限り肌を露出しないほうが良いため、腕や脚がなるべく隠れる服装にしましょう。最後に「祭」の法事やお盆の服装についてですが、こちらもなるべく目立たない、控えめな服装が好ましいでしょう。女性の場合は黒やグレーのスーツやワンピースにし、アクセサリーもパールなど最小限のものにします。男性も同様に黒やグレーのスーツが好ましく、ネクタイは暗めのカラーで派手でないものを選びます。