冠婚葬祭に役立つ礼服のコーディネート集

結婚式に参列する時に、どんな服装をすれば失礼にならないのか、迷うところです。お祝いの気持ちを表すために華やかな服装にしたい気持ちはあっても、周りの目も気になるし、新郎新婦や親せきの方に失礼に当たっては逆効果になってしまいます。以前は冠婚葬祭と言えば、定番の服装というのが決まっていました。しかし最近では冠婚葬祭における服装のルールもゆるくなってきていますので、逆に何を着用すれば良いのか迷ってしまうというケースも増えてきています。基本的に服装を考える際に重視しなければならない点として、新郎新婦と自分との関係や会場がどのような場所か、です。新郎新婦と親せき関係にある場合や上司などの立場であれば、正装で出かけるのが無難です。会場はホテル、結婚式場、レストランの順で格式が高くなるので、格式の高い会場の場合はより正装が求められます。

礼服の基本的なマナーを知っておこう

どんな結婚式に参列するにしても無難な礼服のマナーを知っておきましょう。ジャケットは黒の無地が基本です。グレーや濃紺、目立たないストライプまでは着用することができます。パンツはジャケットと同じ柄のものを選びます。裾を折り返していないシングルのタイプを選びましょう。ベストはジャケットと同じ生地かグレーを選ぶのが無難です。シャツは、無地の白が基本です。ネクタイは、白かシルバーグレーなど、明るめのものを選びます。蝶ネクタイをする時は、夜に行われる結婚式や披露宴の場合にしておきましょう。喪服の時に着用する黒のネクタイや黒に近い色、動物柄などは殺生を意味するので、結婚式に身に付けていくにはふさわしくありません。靴は黒の紐靴を選びましょう。靴下も黒の無地を選びます。

礼服の着こなしで知っておきたいこと

礼服は、自分の体型にぴったり合うものを選びましょう。自分の体型に合っていれば、身体のラインもきれいに見えます。また、普段からきちんとお手入れしておくことも大切です。せっかくのハレの日にしわくちゃのスーツやホコリのかぶった靴などは、マナー違反となりますし、周りに不快な気持ちを与えてしまいます。着て行くものに迷った時は、無難なスーツを着て行くと間違いがありません。スーツの胸ポケットにシンプルな白のチーフを入れるとおしゃれ度が上がります。友人の結婚式などの場合で、少しおしゃれを演出したい場合は、蝶ネクタイを着用してみましょう。蝶ネクタイは目立つ色を選んでも良いのですが、スーツ自体は無難な色でまとめておくと、印象が良いです。ポケットチーフと蝶ネクタイの色をコーディネートすると素敵です。