大人なら知っておくべき礼服のマナー

いざという時にTPOをわきまえたふさわしい服装が出来るのが大人のマナーのひとつです。特に冠婚葬祭ではその場にあった服装でないと周囲から浮いてしまい、恥ずかしい思いをすることになります。親族が集まる場だからこそ、周囲の目がかなり厳しい場合もあります。普段余り使う機会がないですが、きちんと理解してふさわしく着こなしたいものです。礼服とは冠婚葬祭などで威儀を正すために身につける服装で、フォーマルウェアとも呼ばれます。このうち弔事で身につけるものを喪服と呼んでいます。男性の場合は黒スーツで慶事も弔事も出席できますが、女性の場合は喪服で結婚式に出ることは余り好まれません。このように男性の場合と女性の場合では事情が異なるので、男女別に説明します。

男性の場合はとりあえず一着あれば安心

男性の場合は黒スーツが一般的です。正式には略礼装とされていますが、モーニングスーツを着る機会はほとんどないので、客としても親族としても十分ふさわしい服装です。しかも、男性の場合は、ネクタイを変えることで結婚式など慶事にも黒スーツが使えます。一般的には弔事では黒いネクタイを、慶事では白いネクタイをしめます。若い男性の場合は、結婚式では明るい色のネクタイも華やかで好まれます。注意する点としては、黒スーツだからと黒っぽいビジネススーツを代用しないことです。同じように黒いスーツに見えても、ビジネススーツの生地は違うのです。そのため礼服の人が集まる中でビジネススーツを着ていると、色合いの違いが目立って浮いてしまいます。一着は礼服を用意しておきましょう。

女性は喪服とドレスとスーツを使いわけよう

一着で慶事も弔事も使いこなせる男性と違い、女性の場合は礼服といえば喪服をさすことが多いです。弔事ですから肌の露出は少なくするのが基本で、肩や膝を出すのはマナー違反です。スカートは座っても膝が出ないくらいの膝下丈に、トップスは半袖や七分袖のブラウスと上着のアンサンブルが、季節問わず使えて便利でしょう。余り出番のない喪服を、他の場面でも使えないでしょうか。一般的には結婚式に着ていくことは好まれません。慶事ですから、華やかな服装の方がふさわしいとされています。きれいな色のドレスを着て、明るい印象を作りたいものです。スーツを着て参加する子供の卒業式などでは、喪服にコサージュをつけて着ることができる場合があります。しかし、その地域によって、ふさわしいとされている保護者の服装にはかなり幅があるので、注意しましょう。